生活の中のあらゆる問題を解決。弁護士に相談したいトラブル

借地や借家での家賃の問題

本来、住まいはとても安心出来る場所で無ければなりません。しかし住まいの問題はトラブルも多いです。それだけ重要な存在と言えるかもしれません。どんなトラブルがあるのかと言えば、借地や借家のトラブルがあります。例えば家賃の値上げの問題も考えなければなりません。通告もされずに一方的に家賃をアップされても困ります。とにかく値上げをしたのだからと突っぱねられてトラブルになるケースも少なくありません。そんな時に弁護士に相談をすると良いです。

土地の境界線の問題も対応してくれます

土地の境界線の問題も良く有る家のトラブルと言えます。隣接する土地に関して、境界線が曖昧で、どちらの所有者も自分の言い分だけを通そうとまくしたてるようなトラブルもあるのです。このような問題を当事者同士、話し合いで解決するのもなかなか難しいかもしれません。下手をすれば、何世代も続くトラブルになる可能性もあります。この場合は、裁判所によって公的に境界線を決定して貰わなければなりません。このような問題も弁護士に相談をすると良いです。

騒音の問題も弁護士に相談を

隣の部屋からの騒音がうるさすぎると本当に困ります。自分の部屋なのに快適に住めなくなってしまうからです。だからといって、怒鳴りこんだとしても、大きなトラブルになるかもしれません。あるいはやんわりと、やめてくれませんかと頼みに言ったとします。下手をしたら、なめられて、全く相手にして貰えない可能性もあるかもしれません。それはとても大きな問題です。そんな場合は弁護士に相談をすると良いでしょう。これによって、法律の力で止めさせる事が出来るかもしれません。

ミカタは弁護士の費用が負担される保険で、事前に加入をしておけば補償を受けられるので万が一の際には役に立ちます。

本人以外は、弁護士だけがオールラウンドプレーヤー

法律家の力は、代理権の範囲で異なります。

法律家と呼ばれる職業には、弁護士や司法書士、行政書士など多数存在しますが、最強なのは弁護士です。司法書士は主に不動産登記など権利関係の仕事がメインで、行政書士は自動車の名義変更が主な仕事になります。ネットが普及した今日、自動車の名義変更は素人でも時間さえあれば容易に出来ることが分かり、不動産登記の方法もネットから入手することが出来、素人が行うことも出来ます。ただし、素人が行えるのは自身のものに限られ、お金を貰って代理で他人のものを行うことはできません。つまり、法律家とは他人の代理権がある人のことで、代理権の範囲で士業の力が変わってきます。

弁護士以外の法律家は、仕事が限定的。

行政書士は自動車の名義変更が主で、現在行政書士登録をしている者の主入源は、ほぼ名義変更と言っても過言ではありません。司法書士の収入源は不動産登記で、金融機関などから借り入れを行うときに抵当権を付ける時に世話になります。しかし、ここ10年くらいの司法書士の収入源は、過払い金返還が主になっていて、テレビCMをやるなど儲かっている司法書士もいます。これら以外に行政書士と司法書士の仕事は何かと聞かれても、大して儲けになるものはありません。

法治国家で生きるには、上手に弁護士と付き合う。

行政書士や司法書士の仕事(代理権)は限定的ですが、弁護士の代理権はオールラウンドプレーヤーで、依頼人とほぼ変わらない権利を持っています。テレビドラマの影響で、行政書士や司法書士でも相手方と交渉できる扱いになっていますが、これらは一昔前まで代書屋と呼ばれていて、本人に変わって書類を作製するだけで、相手方との交渉は本人が行う必要があります。相手方が話して分かるのであればいいのですが、そうでないことが大半で、このような場合に弁護士に依頼をすると、今後は相手方と弁護士の話し合いに戦場が変わり、もし相手方が弁護士を通さず直接本人にコンタクトをとると法律で罰せられます。街金や裏の世界の方は、このことは良く理解しているので、弁護士に依頼した途端、今までの恐怖から逃れることができ、新しい人生を踏み出すことができます。代理権のない行政書士や司法書士に依頼すると、いつまでも本人が矢面に立つことになり、一生恐怖から逃れることが出来なくなるので、早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士保険のメリットは、いざ事故が起こったときに、弁護士費用を心配しなくても良い点にあります。訴訟費用は数十万円から数百万円になることもあるからです。