困ったときの最終手段!自己破産と弁護士費用

返済できない借金には自己破産で対応

昨今は長引く不景気で苦しい生活をしている家庭も少なくはないでしょう。中にはカードローンなどを繰り返し利用して生活を成り立たせている家庭もありますし、フリーローンなどまとまった金額を予め借りて生活している家庭もあるでしょう。しかし、生活だけでローンを利用していれば教育費などが重なると中々返済が大変になります。もしもそれ以外にもローンがあれば文字通り多重債務となり、お金が足りなくなればローンの返済ができなくなります。そうしたときに悩むのも仕方ありませんが、思い切って自己破産してしまうのも1つの手段です。

自己破産で金融機関に迷惑はかからない

自己破産すればお金を借りている金融機関に迷惑をかけてしまう、返せないことを伝えると必要以上に怒られてしまいそうということを心配する人もいらっしゃいます。確かに何らかの言葉はかけられるかもしれませんが、今は保証人がいらない代わりに保証会社からの保証を受けられますし、その保証料も金利に上乗せすることで支払っています。もしも返済がされなくなったとしても保証会社が残債務を保証してくれますので金融機関にそれほど大きな損失はありません。

高い弁護士費用は分割できる

もし自己破産をする場合、大抵は弁護士に依頼するよう薦められます。ですが自己破産をするのに数十万円も必要な弁護士費用を支払える人は多くはないでしょう。実はこの弁護士費用、公的な制度によって無金利で分割支払いができるようになっています。毎月1万円程度でも可能ですので、毎月の収入次第では検討しても良いのではないでしょうか。弁護士費用を支払うのが厳しいという場合には自分で手続きをしますが、その場合は手続き費用で数万円だけ必要です。

自己破産をするには、弁護士に相談するのが一番の近道ですが、自分でもある程度知識を持っていないと、弁護士の言っていることが妥当か判断できないので、まずは自分でも調べるべきです。