社員の流動化!?よい人材を確保して成長させる方法

研修によって人材を育成する

最近は働き方が欧米化してきています。終身雇用や年功序列といった戦後の日本の高度成長を支えた仕組みが崩壊して、自分のスキルを全面的に打ち出してよりよい条件の会社に転職する人が多くなっています。会社側としては、よい人材を確保したい反面、そのような人材にかかる経費も負担になります。そのような中でも、入社以来、一生懸命働いている人もいて、そのような生え抜きの人材に対しては、研修等を行い育成をすることが必要になります。

会社の人事は個人レベルで社員を把握する

そのため人事の存在が重要になってきます。人材を長期的な視点から考えて育成するために、定期的な研修であったり、スキルアップや自己啓発のための助成をおこなったりと、仕組みづくりが必要になります。研修をおこなうにしても、日常の働き具合を見て、また上司や同僚から確認して、どの部分が弱いのかを把握した上で研修内容を考えたりします。最近の社員の働き方を考慮すると、人事としては個人レベルでの把握が必要になります。

よい人材はよい人事担当の確保から

社内の人材を育成する一方で、社内体制の見直しや気づき、または刺激を与えるために外部から人材を入れることもあります。会社の経営方針に賛同してくれる人を採用することで、社内に勢いを与えることができます。社内の人材の流動化が一般的になっている昨今、会社の人事部の役割は重要であり、人材によって会社の業績が左右するといっても過言ではない状況になっています。そのため会社としては、有望な人事担当の人材を確保することが第一歩になります。

就業規則とは企業で働く人が規則にのっとって働く事が出来るように決められた事です。この規則がある事で働く側が守られる事があります。