知っておきたい!外国為替と為替相場の変動要因

外国為替ってなあに?

外国と取引したり、外国の商品を購入する際には、日本円や米ドル、ユーロなど、異なる通貨を互いに交換(売買)する必要がありますよね。この通貨の交換比率のことを、外国為替相場(為替レート)というんですよね。例えば、外国為替相場が「1ドル=100円」ということは、1ドルを100円で交換できることを意味しますね。「1ドル=100円」から「1ドル=90円」に相場が動くことを円高といいますね。これは、1ドルの物を買うのに、これまでより10円少なくて買えるということですね。つまり、それだけ円の価値が高まったということを意味するんですよね。

「ファンダメンタルズ要因」って?

為替相場の変動要因として、「ファンダメンタルズ」があげられますよね。ファンダメンタルズ要因とは、各国の経済成長率、インフレ(物価上昇)率、国際収支などを指すんですよね。「経済成長率」が高い国に投資すれば、高い投資収益率が期待できるので、その国への投資が増えますね。すると、その国の通貨は買われて、通貨高となるんですよね。ただし、見た目の成長率が高くても、インフレ率が高ければ実質的な収益率が高いとはいえないので、「インフレ率」も大切ですよね。

為替相場の変動要因とは?

為替相場には、各国通貨に対する需要と供給の関係が大きな影響を与えますよね。具体的にな貿易関連の実需や、機関投資家の売買などが為替相場に影響を与えるんですよね。例えば、海外の機関投資家による日本への投資が活発になり、円買いの需要が高まると、為替相場では円が値上がりし、円高傾向になることがありますね。また、金利がより高い国の通貨のほうが買われやすくなりますよね。世界中の運用資産は、より高い収益を求めて金利の高い国に流れるからですね。

為替の相場は常に変動することから利益を得るためには迅速な対応を取ることが重要になります。常に最新の情報を得て、速やかに手続きが行えるように環境を整えることが大切です。