公務員になるための効率的な勉強の3つのポイント

法律系の勉強を早くからしておく

長い不況の影響からか公務員の人気が安定して高くなっています。そして、公務員になるためには公務員試験に合格しなければなりません。公務員試験には様々なジャンルが出題されますが最も出題率の高いものに法律系の問題があります。具体的には行政法、憲法です。法律は聞きなれない用語が多くまた覚える量が多いために多くの人が苦労する科目です。ですので公務員試験突破のためには早いうちから法律系の科目に取り組むことが大切になります。

知能試験はとにかく慣れろ

公務員試験のいわゆる一般教養試験の中で必ず出題されるのが知能試験と呼ばれるものです。知能試験とはIQ検査のような図形を選んだり、簡単な数式を素早く解くなどのものです。知能試験の攻略方法ですが、とにかく慣れるということが大切です。数多くの演習が大切です。そして解きっぱなしにするのではなく間違った問題についてなぜ間違ったのかをきちんと確認することが大切です。どのような勉強もそうですが復習が大切なのです。

論文試験対策について

公務員試験の場合多くは選択式の試験ですが、自治体によっては論文式試験が出題されます。専門分野に関するものがほとんどですが、公務員試験で最も人気がある事務系、国会一種行政職で必須である憲法についての勉強のポイントをあげます。憲法は国家権力の濫用を防ぐためにつくられた法という大原則をきちんと論文上で論じられるかが重要です。条文を暗記する、判例を暗記するというだけではなく憲法の基本構造、基本視点をふまえた解答が求められるのです。

公務員の講座とは公務員になるための勉強をする場所で、試験に向けてさまざまな対策を行うことができます。

お金をかけない国際交流の様々な手段と、その効果

公共施設での草の根の交流

図書館などの公共施設で日曜や祝日に国際交流の会合を開いていることはよくあります。例えば日本語を勉強するために訪れている留学生たちと、地元のお年寄りや子供たちとの交流によって、留学生たちは日本語を練習する場にもなりますし、特に子供たちにとっては外国人との交流で見識を広める経験になります。グローバル化の進む現代において、こういった草の根レベルの交流の場面が増えることは将来的な意味のあることといえます。

英会話練習を兼ねたパーティー

いわゆる英会話カフェという業態をもう少し推し進めたビジネスのスタイルとして、国際交流パーティーというものがあります。多くは立食形式での簡単なパーティーですが、誰でも自由に参加できるパーティーなので新しい出会いの場にもなっており、特に男女にとっての国際交流の場として活用されていたりします。ホテルの一室を利用していても安く済ませられることが多く、気軽な国際交流の手段として特に若い人たちに人気が高いです。

シェアハウスで共同生活

通常よりも深い国際交流としてはシェアハウスでの共同生活という手段があります。家賃を低くおさえるために共同で一室を使うシェアハウスでは、かなりのコミュニケーション能力が必要とはされますが、濃密で短期間に語学スキルも磨ける国際交流の方法として、一部の人たちに支持されています。家賃をおさえるという目的がある以上、あまり年齢の高い人はいないので年齢層によっては厳しいのですが、実践的でコストのかからないのが魅力です。

カンボジアからの実習生は専門の機関を通すのが最適です。能力ややる気のある実習生を派遣してもらえるだけでなく、日本語研修も行ってもらえるので即戦力として活用することが可能です。