いつもの行動が原因かも!腰痛を引き起こしやすい動作とは

足を組んだり重心をずらしていませんか?

仕事や家事で忙しくしていると、気づいたときに体の節々が痛いということはよくあります。その中でも腰痛は、立ったり座ったりするたびに痛みを感じるため、辛いと感じている人も多いのではないでしょうか。特に腰に負担をかけているつもりがなくても、慢性的に体がゆがんでいたり不自然な体重のかけ方をしていると、それが知らず知らずのうちに腰痛を引き起こす原因になっていることも少なくありません。足を組んで座ったり、どちらかに体重をかけて立つようなスタイルを長時間とっている場合は注意が必要です。

普段運動不足の人は、ちょっとした運動で気をつけて

普段あまり運動をしない人が、イベントやスポーツなどで急に体を動かしてそのあと腰痛や筋肉痛に見舞われることは多々あるでしょう。普段動かさない筋肉を急に動かしたり、体の準備が出来ていない状態で激しい運動をすると過剰な負担がかかり怪我をしたり腰を痛めることにもつながります。そうならないためにも、日常生活の中で軽い運動を取り入れたり、普段から体を動かすことを意識しておくのが大切です。健康維持にも役立つので、気に留めておきたいですね。

子育てママは急なぎっくり腰の可能性大。

腰痛の中でも特に怖いのが、ぎっくり腰です。突然激しい痛みを感じて動けなくなってしまったり、数日間の休息が必要になるなど、一度かかってしまうとなかなか治らずやっかいな思いをした人も多いのではないでしょうか。意外ですが、ぎっくり腰になりやすいのは足腰が気になる中高年の方だけでなく、子育て中のお母さんたちも少なくないのです。その理由として、普段から10キロを超えるような子供を抱っこしたり、そのままの状態でしゃがんだりするといった動作が多いため腰への負担はかなりのものになることから、ぎっくり腰を発症するケースが考えられます。20代、30代のママにとってはぴんと来ない病気ですが、意外とかかる割合が多いので注意しておくと良いでしょう。

鍼やお灸による刺激で体調を改善したり健康を増進させる治療法を鍼灸と言い、中国で発祥しました。現在は日本でも広く行われています。