お金をかけない国際交流の様々な手段と、その効果

公共施設での草の根の交流

図書館などの公共施設で日曜や祝日に国際交流の会合を開いていることはよくあります。例えば日本語を勉強するために訪れている留学生たちと、地元のお年寄りや子供たちとの交流によって、留学生たちは日本語を練習する場にもなりますし、特に子供たちにとっては外国人との交流で見識を広める経験になります。グローバル化の進む現代において、こういった草の根レベルの交流の場面が増えることは将来的な意味のあることといえます。

英会話練習を兼ねたパーティー

いわゆる英会話カフェという業態をもう少し推し進めたビジネスのスタイルとして、国際交流パーティーというものがあります。多くは立食形式での簡単なパーティーですが、誰でも自由に参加できるパーティーなので新しい出会いの場にもなっており、特に男女にとっての国際交流の場として活用されていたりします。ホテルの一室を利用していても安く済ませられることが多く、気軽な国際交流の手段として特に若い人たちに人気が高いです。

シェアハウスで共同生活

通常よりも深い国際交流としてはシェアハウスでの共同生活という手段があります。家賃を低くおさえるために共同で一室を使うシェアハウスでは、かなりのコミュニケーション能力が必要とはされますが、濃密で短期間に語学スキルも磨ける国際交流の方法として、一部の人たちに支持されています。家賃をおさえるという目的がある以上、あまり年齢の高い人はいないので年齢層によっては厳しいのですが、実践的でコストのかからないのが魅力です。

カンボジアからの実習生は専門の機関を通すのが最適です。能力ややる気のある実習生を派遣してもらえるだけでなく、日本語研修も行ってもらえるので即戦力として活用することが可能です。